MENU

新聞の読み方

新聞を100倍楽しむ!読み方ワンポイントアドバイス
新聞を100倍楽しむ!読み方ワンポイントアドバイス
子どもの個性はそれぞれ。
新聞を全部読ませようとするのではなく、
「新聞を好きになる」ところから始めてみましょう。

新聞が目にふれる環境をつくる

リビングのテーブルなど、お子さんの目にとまりやすいところに朝小の置き場所をつくりましょう。 自然に手に取るようになります。

毎日開く習慣をつける

まずは新聞を毎日広げることが大切です。たとえ1日1つの記事でも読めば、1年間では相当な情報量になります。

記事について親子で会話を

お子さんに「どう思う?」と聞いてみたり、質問を受けたり。
新聞をただ与えるだけでなく、親子のコミュニケーションに使いましょう。

興味のある記事を探させる

まんがでもおたよりコーナーでも構いません。お子さんに自分が興味あるコーナーを見つけさせましょう。お気に入りができると、読む習慣が身につきます。

拾い読みもOK!

時間がないときは、見出しと前文(リード)だけに目を通す「拾い読み」でも大丈夫。すべての記事を隅々まで読む必要はないことを教えてあげましょう。

こちらもチェック!


※PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、ダウンロード(無償)してご覧ください。

MENU

閉じる