MENU

先生方へ 授業での活用方法

朝小の読み方⑤

楽しみながら勉強できる

朝小が大人の読む新聞とちがうのは、学校の勉強や中学受験に直接役立つページがあることです。

歴史も理科も、まんがで頭に

朝小読者の永井あゆ子さん(東京都・6年)は「政令指定都市ファイル」(毎週月曜)や歴史まんが「れは歴史のれ」(毎週木曜)をいつも読んでいます。楽しみながら社会科の勉強ができるからです。

「政令指定都市ファイルは、参考書には書いていない名物や名所も載っているので興味が持てます。歴史は、時代の流れや、その人物がどんな人だったかということが、まんがだと頭に入りやすいです」

私立中学校の合格発表の掲示板を撮影する受験生や保護者。朝小が公立・私立の中高一貫校の受験に役立ったという読者はたくさんいます=東京都新宿区の早稲田中で

私立中学校の合格発表の掲示板を撮影する受験生や保護者。朝小が公立・私立の中高一貫校の受験に役立ったという読者はたくさんいます=東京都新宿区の早稲田中で

中学受験に向けて勉強中の永井さん。時事問題対策として1面「ニュースあれこれ」の「ことばなるほどね!」を切り抜いてスクラップしています。2面の学習コーナーでは、「かしこさ育成! 考える理科」(毎週金曜)や「受験算数 一行問題 パパッと突破!」(毎週土曜)の問題を解くこともあります。

「朝小の学習ページは大切なポイントがまとめられていて、解説もわかりやすいです。塾の勉強の復習にもなります」
学習ページは、受験を考えていない人にも役立ちます。永井さんがよく読むという「かしこさ育成! 考える理科」は大事なポイントをまんがで紹介しています。まんがを読んでおくだけでも、理科の授業を理解する助けになるでしょう。

朝小には、算数、理科、社会、国語、英語と主な教科のコーナーがそろっています。できるところから取り組んでみてください。

朝小の松村康史編集長から一言

小学生のうちは特に、楽しく勉強することが大切だと思います。朝小の学習ページは、まんがやイラストで楽しく学べる工夫がしてあるので「食わずぎらい」で手に取らないのはもったいないですよ。記事を読んで漢字を覚えるだけでも立派な学習といえるので、気に入った記事はノートに書き写してみるのもおすすめです。

2012年5月1日付
実際の紙面ではすべての漢字に読みがながついています。


MENU

閉じる