購読の申し込み サンプル紙面を見る マイページ
マイページ

お電話でのお申し込み

0120-415843

朝日小学生新聞連載まんが『異界譚 里見八犬伝』

2021年10月26日

まんが『異界譚 里見八犬伝』の連載が始まります。
 11月から1か月間、うちはら香乃さんの人気まんが『異界譚(いかいたん) 里見八犬伝』の連載が始まります。『南総里見八犬伝』をもとにしたオリジナルのストーリーで、読者が好きなコーナーを選ぶアンケートでは、常に上位になる人気の連載です。
 初めて読む人にも楽しんでもらうため、登場人物を紹介します。

南総里見八犬伝とは?

 まんがの原案『南総里見八犬伝』は、江戸時代の作家・曲亭馬琴(きょくてい・ばきん)が書いた全106冊にわたる長編小説です。安房国(あわのくに、今の千葉県南部)を支配した戦国武将、里見氏の歴史をモデルに創作。主人公は、「仁義礼智忠信孝悌」それぞれの文字がうき出る玉を持つ「八犬士」と呼ばれる8人です。

これまでのお話

  • 序章あらすじ ※序章は電子書籍で無料公開中。こちらから
     大塚村で暮らす犬塚信乃は、家で見つけたふしぎな刀「村雨」で、村をおそった山犬を追いはらうことに成功。後日、村長の蟇六や、蟇六に仕える荘助たちと山犬退治に出かけることになる。山犬のすみかである洞窟へ向かうと、そこには魔女玉梓が待ち受けていた……!

  • 1章「信乃の旅立ち」あらすじ
     山犬から村を救うことに成功した信乃は、手助けをしてくれた伏姫神から、里見家の兄弟を探すように言われたことを気にかけていた。ある日、父親が戦で守りぬいた刀「村雨」を、持ち主である古河城の公方さまへ返しに、荘助と旅に出ることになり……。

  • 2章「仲間との出会い」あらすじ
     古河に到着した信乃は、村雨を持って古河城へ向かう。しかしお城に着くと、刀がにせものとすり変わっていた! くせ者とみなされ、兵士と戦っていると、信乃の前に古河最強の戦士、犬飼現八が現れる。

  • 3章「伏姫の過去」あらすじ
     城の兵士に追われ、にげていた信乃と現八の前に、かつて里見家に仕えていたという丶大(ちゅだい)法師が現れる。丶大法師は、里見家の娘である伏姫と、魔女玉梓の過去を信乃たちに話し出し……。

  • 4章「犬士の絆」あらすじ
     信乃は、小文吾たちの協力を得て、故郷の大塚村へ戻ることにする。一方、大塚村では新しい領主、ひがみ宮六が村雨の持ち主を探していた。ようすのおかしい宮六に浜路がたてつくと、宮六は刀をふりかざしはじめて……。

  • 5章「たたかいのあと」あらすじ
     玉梓とのたたかいのあと、道節が率いる深淵衆に看病をしてもらっていた、荘助。大塚村の生き残りが自分一人だと知り、みんなの仇をとることを決意する。一方、浜路は、伏姫神によって神様が暮らすかくれ里にいた。そこで出会ったのは……。

  • 6章「それぞれの想い」あらすじ
     大塚村をおそった犯人と疑われ、荘助がつかまってしまった! 大塚村にもどってきた信乃は、荘助を一人で助けに行こうとするが、現八や小文吾に「いっしょに戦いたい」と説得される。信乃は現八や小文吾の思いを受けとめ、いっしょに荘助を助けるべく、お城へのりこむが……。

    これまでの「異界譚 里見八犬伝」の話が、電子書籍Kindleで順次公開中(無料)です。

電子書籍で無料公開中!