朝日小学生新聞
  • 毎日発行/8ページ
  • 月ぎめ1,769(税込み)

結城昌子の 遊んでアーティスト

 
 

 パウル・クレーの「セネシオ(野菊)」(1922年)などを参考にして、クレーに挑戦したよ。クレーは、20世紀前半にドイツで活躍したスイス生まれの画家。音楽一家に育ったクレーは、小さいときからバイオリンに親しみ、町の交響楽団で演奏ができるくれいの腕前になった。絵をかくことも詩をかくことも楽器演奏も好きだったクレーは、結局画家になり、ほかのだれにも似ていない絵の世界をつくりあげた。「見えないものを見えるようにする」というのがクレーの生涯のテーマ。この絵でクレーは何を見つけようとし、何を表現しようとしたのだろう。
 今回はセネシオの目などをモチーフにしたワークシートで、みんなもクレーのようにふしぎな世界をえがいてくれたよ。

3月19日付

東京都・1年 Nさんの作品

題「朝の村」

 山の向こうに大きな太陽が顔を出した。お日様がほほえんでくれているような朝。いいことありそうな感じがするよ

 
結城昌子さんのウェブサイト
  • 朝学ギフト

トップへ戻る