朝日小学生新聞
  • 毎日発行/8ページ
  • 月ぎめ1,769(税込み)

結城昌子の 遊んでアーティスト

 
 

 ジョルジュ・スーラの「グランド・ジャット島の日曜日の午後」(1884~86年)などを参考にして、スーラに挑戦したよ。スーラは、19世紀フランスの画家。点描という新しいえがき方をつくり出した画家として有名だ。モネやルノワールたちの印象派の最後の展覧会に、この大作を出品して注目を集めた。ほかの画家の絵より、画面が明るくかがやいているように見えて、人々はおどろいた。細かい原色のつぶでうめつくすという点描画で新しい絵画の扉を開いたんだ。今回はみんなも、さまざまな色の点を使って、スーラのような絵をかいてくれたよ。

6月12日付

東京都・6年 Fさんの作品

題「泉の人」

 白い色をうまく使って、泉の妖精をかこうとしている。バックの黄色が全体の雰囲気にマッチしたね。森の奥深くかな?

 
結城昌子さんのウェブサイト
  • 朝学ギフト

トップへ戻る